お気に入り(ステレオLP)

2020年8月 8日 (土)

RINA SAWAYAMAのアルバム

今日紹介するのはRINA SAWAYAMAです。アルバムはSAWAYAMA(’20)です。

日本生まれロンドン育ち!注目の日本人ポップシンガーRINA SAWAYAMAのデビュー・アルバム。

これを知ったのは音楽ニュースでした。

彼女が日本人であることから英国のとある音楽賞のエントリーを阻まれたと言うことです(英国でも未だこの程度の認識なのですね)。

と言うことで興味を持った次第です。

1.DYNASTY

2.XS

3.STFU!

4、COMME DES GARQONS(LIKE THE BOYS)

5.AKASAKA SAD

6.PARADISIN’

7.LOVE ME 4 ME

1.BAD FRIEND

2.FUCK THIS WORLD(INTERLUDE)

3.WHO’S GONNA SAVE U NOW?

4.TOKYO LOVE HOTEL

5.CHOSEN FAMILY

6.SNAKESKIN

日本人離れしたリズム感覚の歌唱で良いです。

流石に英国を拠点にした活動でそうした音楽性も備わったのでしょうね。

で、これが彼女のデビューアルバムと言うから更に驚きです。

今後はこう言ったアーティストがドンドン増えることを期待したいですね。

良いアルバムに出逢えたことに感謝です。

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

菅野邦彦のアルバム

今日紹介するのは菅野邦彦です。アルバムはCOLLABORATION(’73)です。

メンバーは菅野邦彦(p)、北村英治(cl)、原田政長(b)、須永ひろし(ds)です。

1.PERDIDO

2.THESE FOOLISH THINGS REMIND ME OF YOU

3.AUTUMN LEAVES

1.GONE WITH THE WIND

2.MY FUNNY VALENTINE

3.BLUES

棚を整理していて見付けました。

マンション時代は良く聴きましたがそれ以来ですから30年以上の月日は経っていると思います。

時空の時を超えて記憶が蘇りました。

鮮烈なサウンドでご機嫌です。

良くぞ見つかったモノだ!!。

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

五輪真弓のアルバム

今日紹介するのは五輪真弓です。アルバムは窓ーせめて愛をー(’83)です。

彼女はパリが大好きでしたからこの録音もパリ録音です。

1. 恋はタブー

2. 雨宿り

3. 他人がえり

4. 時計

5. 窓   

1. カリフォルニア

2. 海と風と砂と

3. 夜行列車

4. ラブ

5. せめて愛を

これも棚の整理で見付けたモノで聴くのは随分久し振りです。

彼女独特の語尾の伸ばし方も心地良いモノです。

マンション時代良く聴いた記憶があります。

それを思うと実に30年以上振りか(汗)。

見付かったのを機に今後も聴き続けて行きたい。

見付かって良かった。

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

LIANNE LA HAVASのアルバム

今日紹介するのはLIANNE LA HAVASです。アルバムは同LIANNE LA HAVAS(’20)です。

センシュアルに、ジャジーに。

UKのシンガー・ソングライター、リアン・ラ・ハヴァスがしっとりと綴る、愛と喪失、再生の物語。

自身のキャリアの新たな一頁を飾る、サード・アルバム『LIANNE LA HAVAS』完成。

■ ロンドンを拠点に活躍するシンガー・ソングライター、リアン・ラ・ハヴァス。

2011年のデビュー以来、深みのあるヴォーカルとスモーキーでジャジーなサウンドで聴くものを魅了してきた彼女が、2015年の『BLOOD』以来約5年ぶりとなる通算3作目のスタジオ・アルバムをリリース~ネット。

1.BITTERSWEET

2.READ MY MIND

3.GREEN PAPAYA

4.CAN’T FIGHT

5.PAPER THIN

6.WEIRD FISHES

7.PLEASE DON’T MAKE ME CRY

8.SEVEN TIMES

9.COURAGE

10.SOUR FLOWER

初めての歌姫です。

しっとりとした歌は聴き手の心の襞に深く染み入ります。

たまにはこう言う感じのアルバムに触れるのも良いモノです。

これも新譜案内で見付けたものです。

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

SYLVIO GUALDAのアルバム

今日紹介するのはSYLVIO GUALDAです。アルバムはPERCUSSION(’68)です。

MARIUS CONSTANT NE EN 1925

KALHEINZ STOCKHAUSEN、NE EN 1928

私は彼のPERCUSSION vol2(’78)は当時から日本盤で持っていましたが漸くその10年前の作品(フランス盤)をオリジナルで入手出来ました。

状態はとても良い。

比較するモノはありませんがPERCUSSION vol2と比較する限り音の厚み、深みが全然違います。

結果としてPERCUSSION vol2もオリジナルが見付かり揃い踏みとなりました。

さて本題に戻って

凄まじい迫力です。

パーカッションの響きと消え行く様がとても美しい。

やっと見付かったアルバムです。入手出来て良かった。

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

SALENA JONESのアルバム

今日紹介するのはSALENA JONESです。アルバムはTHE SONG OF LIFE(’87)です。

1.COME IN FROM THE RAIN

2.THE HEAT IS ON

3.SPECIAL FRIEND

4.LEAVE THE LIGHT ON

5.DREAMS

1.THE SONG OF LIFE

2.HELLO

3.WHENEVER I CLOSE MY EYES

4.LOVE FROM NEW YORK

5.OVERJOYED

これも懐かしいアルバムです。

若き日の彼女の声はやはり瑞々しい。

伸び・艶等申し分なし。

今回の棚の整理は色々と眠っていたお宝発見に繋がって楽しいですね。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

MILES DAVISのアルバム

今日紹介するのはMILES DAVISです。アルバムはSEVEN STEPS TO HEAVEN(’63)です。

1.BASIN STREET BLUES

2.SEVEN STEPS TO HEAVEN

3.I FALL IN LOVE TOO EASILY

1.SO NEAR、SO FAR

2.BABY WON’T YOU PLEASE COME HOME

3.JOSHUA

当時のMILES DAVISを今感慨深く楽しめるのは最高です。

当時は全く対象ではありませんでしたから(汗)。

年齢的にも歌謡曲等がお似合いでしたから...。

年齢を重ねる毎にこう言う音楽が好きになった、と言う訳です。

人間って年齢とともに嗜好も変わる良い見本ですね。

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

都はるみのアルバム

今日紹介するのは都はるみです。アルバムは女の十二景(’77)です。

これは見本盤です。

1.夏の終わりのにわか雨

2.待つ身

3.赤ちょうちんで

4.ほたる川

5.国道沿線

6.あじさい

1.海鳴りの詩

2.笑い上戸

3.冬の航路

4.砂丘の女

5.巷(ちまた)

6.横浜いれぶん

聴くのは久し振りです(最近は彼女のアルバム昔ほど聴くことはなくなった)。

このアルバムは彼女のヒット作が収録されているモノでもないので聴き飽きることもなく今聴いても楽しめます。

勿論端々に彼女独特の節回しが楽しめます(爆)。

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

ちあきなおみのアルバム

今日紹介するのはちあきなおみです。 アルバムはそれぞれのテーブル(’81)です。

A 

1.それぞれのテーブル

2.女はアクトレス

3.18才の彼 

4.雨に寄りそって(悲しきマリー) 

5.すり切れたレコード

B 

1.私は愛されるのが好き 

2.たそがれ仕度(しのび泣き)

3.昔かたぎの恋

4.愛のために死す

彼女の持ち味が良く出ているアルバムです。

バックの演奏も中々タイトで低音が弾んで実に気持ち良い。

彼女は何を歌っても感情移入が上手いのでス~ッと心に染み入ります。

いつまでも残しておきたいアルバムです。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

TIMO LASSYのアルバム

今日紹介するのはTIMO LASSYです。アルバムはBIG BRASS(LIVE AT SAVOY THEATRE HELSINKI)(’20)です。

これは2枚組です。

2018 年3 月、フィンランドはヘルシンキが誇る名会場であるサヴォイ・シアターでのライブ録音を収めたものが本作。

この録音における彼の演奏はまるでこれまでの総決算とでも言わんばかりに抜群に冴えています~ネット。

1.GRANDE OPENING

2.UNDECIDED

3.WALTZ UNSOLVED

4.UNIVERSAL FOUR

5.BASS INTRO

6.AFRICAN RUMBLE

7.BAND INTRODUCTION

8.TEDDY THE SWEEPER

9.SWEET SPOT

彼は初めて聴きます。

中々分厚いホーン演奏で楽しめます。

日々新譜等のチェックをしていると色々見知らぬアーティストに出逢えます。

これらの中からどれをチョイスするかも怖いもの知らずで楽しい。

このアルバムはライヴですが静寂からいきなりホーンが炸裂する等中々スリリングです。

聴いていて飽きない。

これは重要なことでワンパターンだとやはり退屈になる。

そう言う意味でも新鮮かつ演奏が尖っているので聴き応えがあります。

これは当たりでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 お気に入りアーティスト お気に入り(ステレオLP) お気に入り(モノラルLP) お気に入り(CD) お知らせ これっ、ご存知!? その他風景 ぼやきシリーズ アクセス解析 アバター アルバムソフト ウェブログ・ココログ関連 オーディオ関連 サーロジック・デモルーム サーロジック・ブログ関連 スーパーアナログディスクシリーズ タクシー利用 ニュース パソコン・インターネット フーテン老人徘徊記 ブログネタ モノラル盤ソフト50選 ヤフオク面白笑劇場顛末記 リハビリ散歩 ルームチューン関連 不法投棄 健康関連 出来事 分電盤関連 四季の花々 夢のSP物語 富士山写真集 富士山定点観測 富士山番外編 市役所関連 年金シリーズ 庭関係 心と体 我が人生に悔いあり!?それともなし!? 我が家の今年の10大ニュース 文化・芸術 朝聴くシリーズ 本(オーディオ関係) 検索ワード 残しておきたいLP 税金関係 竹の浸食 自分史 買い物関連 通院関係 電気代 音楽 駄目なオーディオ 駄目なオーディオ関連 1970年代 BN再発盤 CAD図面 CDあれこれ CDソフト CDソフト100選 CDソフト200選 CDソフト600選 CD温故知新 DD盤関連 LP(モノ)あれこれ LPあれこれ LPソフト1000選 LPソフト500選 LP(45)あれこれ MERCURY CD