お気に入り(モノラルLP)

2021年3月 2日 (火)

WES MONTGOMERYのアルバム

今日紹介するのはWES MONTGOMERYのアルバムです。タイトルはBACK ON INDIANA AVENUE(’59,’19)です。

これはモノラルで2922/3000の限定盤です。

<<メジャー・デビュー直前の若々しくも完成されたウェス>>

傑作“Four On Six””Jingles”の最初期バージョンの他、“So What”や“Opus De Funk”など注目曲の数々…ジャズ史に輝くレジェンドのエピソード・ゼロを補完する秘蔵音源!

★参加メンバーは、いずれも“推定”ではありますが、盟友メルヴィン・ライン(org) の他、ウディ・ハーマン楽団などで知られたジョン・バンチ(p)、ジム・ホールのデビュー作でスウィンギーなプレイを聴かせた早逝の名手カール・パーキンス(p)、そして、ジョージ・ラッセルのJazz In The Space Age』(1960年)などへ参加する名手デヴィッド・ベイカー(tb)とデヴィッド・ヤング(ts)らが名を連ねます。

★“Jingles” ”Four On Six””Mr. Walker” ”West Coast Blues”といった、のちのリヴァーサイド作品 『The Wes Montgomery Trio』(1959年) と 『The Incredible Jazz Guitar』 (1960年) へ収録されるオリジナル曲の最初期バージョンが並んでおり、これらの完成度にはただただ驚愕!また、マイルス・デイヴィスが 『Kind Of Blue』 (1959年)で発表したばかりのモード曲“So What”がさっそく演奏されており、インディアナポリスという地方にいながら、ジャズの最先端に対してしっかりとアンテナを張り巡らせていた姿勢がうかがえます。

ジャム・セッション風“Stompin' At The Savoy”のドライブ感は強烈で、この白熱した演奏から、あのチャーリー・クリスチャンの名演を想起するファンもいるかもしれません~ネット。

ディスク Ⅰ

1.FOUR ON SIX

2.MR.WALKER

3.’ROUND MIDNIGHT

4.SO WHAT

5.THE END OF A LOVE AFFAIR

6.TUNE UP

7.WEST COAST BLUES

1.JINGLES

2.IT’S YOU OR NO ONE

3.NOTHING EVER CHANGES MY LOVE FOR YOU

4.ECAROH

5.SANDU

6.WHISPER NOT

ディスク Ⅱ

1.STOMPIN’ AT THE SAVOY

2.IT’S YOU OR NO ONE(Take 2) 

3.OPUS DE FUNK

4.SUMMERTIME

1.BETWEEN THE DEVIL AND THE DEEP BLUE SEA

2.EASY LIVING

3.FOUR

4.I’LL REMEMBER APRIL

5.THE SONG IS YOU

ゆったりとしたテンポの曲から始まりました。

ギターの音色がとても味わい深くて琴線に触れます。

モノラルの特徴が良く出ていますが決して重い感じではなく軽快に飛ばして行く演奏スタイルは実に好ましい。

こう言うリラックスしたモノラル演奏を現在味わえるなんてとても幸せなことですね。

これは

| | | コメント (0)

2021年2月28日 (日)

マヒナ・スターズのアルバム

今日紹介するのはマヒナ・スターズです。アルバムはオールヒット曲集第2集(’62)です。

1.惚れたって駄目ョ

2.北上夜曲

3.春の名残り

4.北帰行

5.我が恋よふたたび

6.色は匂へど

1.夜の子守歌

2.惜別

3.来ないでおくれ駅までは

4.愛と死のかたみ

5.泣かせるね

6.悲しき汽車ポッポ

和田弘のスチールギターのギュイィ~ンと言う音色はモノラルならではの説得力ある音が楽しめます。

男性コーラスなのに一部女性の声のような歌い方を交えて歌っている様子はまさに当時を懐かしく思い出させてくれます。

50年以上前のアルバムがこんなに綺麗で凄みのある音楽(肉声はドス利いていて痺れます)を奏でることにホンとビックリです。

これまた良いアルバムに再会出来ました。

 

| | | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

マヒナ・スターズのアルバム

今日紹介するのはマヒナ・スターズです。アルバムはオール・ヒット曲集(’61)です、

1.好きだった

2.泣かないで

3.夜霧の空の終着港

4.潮来船頭さん

5.泣けるうちゃいいさ

6.回り道

7.白銀は招くよ

1.誰よりも君を愛す

2.街の噂も65日

3.水郷の宿

4.小雨の夜に散った恋

5.雪国の女

6.思い出があるじゃないか

7.お百度こいさん

モノラルの世界をまざまざと楽しませてくれます。

中央に皆が集まって歌うさまがホンと良く分かります。

定位は前後・上下に分離して決して中央に団子状態になる訳ではないのでスッキリ爽やかに楽しめます。

モノラルの定位はこうなんだと教えてくれます。

今まではまともに鳴らせなかったので漸く真価の発揮です。

| | | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

JOHN COLTRANEのアルバム

今日紹介するのはJOHN COLTRANEです。アルバムはBLUE TRAIN(’57、’20)です。

モノラルのカラーヴァイナルイナル盤は初めてです。

1.BLUE TRAIN

2.MOMENT’S NOTICE

1.LOCOMOTION

2.I’M OLD FASHIONED

3.LAZY BIRD

このアルバムのモノラル盤は初めてです。

やはりステレオ盤よりは時代を色濃く感じさせてくれて良いですね。

この盤は以前買おうと思った時は在庫なしでしたが今回は運良く入手出来ました。

やっと入手した盤なので今後も何度も聴いて行きたいと思います。

| | | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

ART TATUMのアルバム

今日紹介するのはART TATUM LIONEL HAMPTON BUDDY RICHです。アルバムはTHE TATUM・HAMPTON・RICH TRIO(’55)です。

これはオリジナルです。

1.WHAT IS THIS CALLED LOVE

2.I’LL NEVER BE THE SAME

3.MAKIN’ WHOOPEE

1.HALLELUJAH

2.PERDIDO

3.MORE THAN YOU KNOW

4.HOW HIGH THE MOON

これはART TATUM(p)とLIONEL HAMPTONの(vib)が前面に出たアルバムかな、と思ったのも束の間3曲目からはBUDDY RICHのドラムスも唸りを上げて参加して来ました。

3人の駆け引きが絶妙で淀みのない演奏は聴き応えのある素晴らしいアルバムです。

| | | コメント (0)

2020年11月 2日 (月)

MICHAEL GARRICKのアルバム

今日紹介するのはMICHAEL GARRICKです。アルバムはAT SHORT NOTICE(’66 ’20)です。

ジョー・ハリオットに加え、なんとドン・レンデル、イアン・カーも参加!!マイケル・ギャリックの未発表ライブ音源がLPでリリース!。

オリジナルのレコーディングは、マンチェスターのクラブ43の元マネージャーであるアーニー・ガーサイドのアーカイブからのもので、彼のコレクションは主に60年代前半から半ばにマンチェスターのさまざまな会場でオーガナイズした。

ジャズコンサートのレコーディングになり、この音源はモノラルで収録されてます。残念ながらこれまでのところコンサートの日付に関して、一般的なコンセンサスは、それが1965年後半から1966年初頭のどこかで行われたということです。

ガブリエル・ギャリックは父親のアーカイブを精査しましたが、ここでも参考文献を見つけることができませんでした。ドラマーのトレヴァー・トムキンスは聴衆や会場の雰囲気からユニバーシティ・カレッジ・ロンドンではないかと考えてます。

このセットは主にGarrickのArgoでフィーチャーされたトラックで構成されてます。

Promises(1965年5月27日録音)とBlack Marigolds(1966年1月と2月上旬に録音)。トニー・コーはセプテットの定期的な参加者でしたが、ここではスタン・ロビンソンが演奏してます。

バンド移行期でジョー・ハリオットに加え、注目はレンデル=カーの参加でしょうか。オーソドックスでバップスタイルやバラードでの演奏が楽しめます~ネット。

1.VISHNU(Garrick) 

2.JONES (Terry-Ellington)

3.SIXTH SEAL(Garrick) 

4.PROMISES(Garrick) 

半世紀以上前の録音とはとても思えません。

カッチリと切れ味鋭く小気味良く音楽を紡いでいます。

とても明瞭で全く古さを感じさせません。

勿論私は初めてのアーティストですが素晴らしい演奏でこれは入手して良かったと思いました。

とても素晴らしいアルバムです。

| | | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

高柳昌行のアルバム

今日紹介するのは高柳昌行です。アルバムはライヴ アット ジャズベッド(’70、’20)です。

「解体的交感」公演から3ヶ月後の奇跡の未発表音源発掘!!

高柳と阿部はドラムに山崎を加えてニュー・ディレクションを再編。そのトリオによる唯一の記録がここに。(限定アナログ盤)~ネット。

メンバーは高柳昌行 (el-g,g)、阿部薫 (as,bscl)、山崎弘 (ds,Perc)です。

Recorded on September 27,1970 at Tokyo.

※本作はポータブルモノラルレコーダーで録音されたテープをマスターとしている。

1.JAZZ BED 1ST(27:47) 

2.JAZZ BED 2ND(31:12)

フリージャズだけれど意外と楽しめる。

まぁ、長年色々な音楽を聴いて来たので聴く耳にも幅(耐性)が出来たのかも。

↑のようにポータブルモノラルレコーダーで録音されたと言うことですが別に気になりません(ジャンルがそうさせているのかも知れませんが...)。

半世紀前の音源ですから文化遺産的な存在ですね。

こう言うものに出逢えるのでアルバム探しは止められません(汗)。

| | | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

MILES DAVISのアルバム

今日紹介するのはMILES DAVISです。アルバムはMILESTONES......(’58)です。

これは6eyeです。

メンバーはMILES DAVIS(tp)、CANNONBALL ADDERLY(ts)、JOHN COLTRANE(ts)、RED GARLAND(p)、PAUL CHAMBERS(b)、PHILLY JOE JONES(ds)です。

1.DR.JEKYLL

2.SID’S AHEAD

3.TWO BASS HIT

1.MILESTONES

2.BILLY BOY

3.STRAIGHT、NO CHASER

ストレートで押し出しが物凄くそして熱い演奏です。マイルスのtpが吠えまくっています。

メンバーも申し分ありません。

オリジナルのモノラルは文句の付けようがありません。

このアルバムジャケはボロボロに近いですが中身は結構綺麗なのでそれも言うことなしです。

60年前のサウンドとはとても思えない鮮烈感があります。

残っていて良かった。

| | | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

COUNT BASIEのアルバム

今日紹介するのはCOUNT BASIEです。アルバムはPOP GOES THE BASIE(’65)です。これはオリジのモノラルです。

1.YOUR CHEATIN’ HEART

2.THE HUCKLE-BUCK

3.OH、PRETTY WOMAN

4.CALL ME IRRESOPNSIBLE

5.WALK RIGHT IN

6.GO AWAY、LITTLE GIRL

1.OH SOUL MIO

2.BYE BYE、LOVE

3.DO WAH DIDDY DIDDY

4.HE’S GOT THE WHOLE WORLD IN HIS HNADS

5.SHANGRI-RA

6.AT LONG LAST LOVE

流石に年季が入っていますので盤面はそこそこですがその演奏たるや熱い血潮が滾って迸り盤面の状態など全然気になりません。

迫力は半端なくスケールも充分なので演奏も聴いていて楽しいです。

彼らのパフォーマンスは十二分に発揮されていると思います。

良いアルバムです。

| | | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

守安祥太郎のアルバム

今日紹介するのは守安祥太郎です。アルバムはTHE HISTORIC MOCAMBO SESSION’54(’54、’75)です。

幻のモカンボ・セッション’54 です。

昔ヤフオクで入手しました。

1.I WANT TO BE HAPPY

2.OUT OF NOWHERE

1.THIS LOVE OF MINE

2.STRIKE UP THE BAND

60年以上前に日本でジャズが演奏されていた。

鮮度感は抜群です。

このアルバムは当時MJ誌の編集長だか誰かが紹介していたのを見て探してゲットしたモノです。

その時は未だモノラルが楽しめる環境ではなかったのでただ持っていただけ、でした(汗)。

改めて聴いてみると60年以上前の録音なのに鮮度抜群で素晴らしい演奏が繰り広げられていました。

これはやっぱりモノラルで聴かないとこの実感は湧かないと思いました。

長い間持つだけでただ保管していたことが今となっては大正解でした。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 お気に入りアーティスト お気に入り(ステレオLP) お気に入り(モノラルLP) お気に入り(CD) お知らせ これっ、ご存知!? その他風景 ぼやきシリーズ アクセス解析 アバター アルバムソフト ウェブログ・ココログ関連 オーディオ関連 サーロジック・デモルーム サーロジック・ブログ関連 スーパーアナログディスクシリーズ タクシー利用 ニュース パソコン・インターネット フーテン老人徘徊記 ブログネタ モノラル盤ソフト50選 ヤフオク面白笑劇場顛末記 リハビリ散歩 ルームチューン関連 不法投棄 人のうわさ 健康関連 出来事 分電盤関連 四季の花々 夢のSP物語 富士山写真集 富士山定点観測 富士山番外編 市役所関連 年金シリーズ 庭関係 心と体 我が人生に悔いあり!?それともなし!? 我が家の今年の10大ニュース 文化・芸術 朝聴くシリーズ 本(オーディオ関係) 検索ワード 残しておきたいLP 税金関係 竹の浸食 自分史 買い物関連 通院関係 電気代 音楽 駄目なオーディオ 駄目なオーディオ関連 1970年代 BN再発盤 CAD図面 CDあれこれ CDソフト CDソフト100選 CDソフト200選 CDソフト600選 CD温故知新 DD盤関連 LP(モノ)あれこれ LPあれこれ LPソフト1000選 LPソフト500選 LP(45)あれこれ MERCURY CD